雑穀麹の生酵素と合わせて実践したい、糖の吸収を抑えるための食べ方のコツをまとめました。

わたしたちの食事で、メインとして食べることの多いご飯やパン、麺類などの炭水化物に分類されている食品は、実は糖質の含有も多い食べ物であることをご存知でしたか?

糖質制限ダイエットという言葉も流行しているほど、実は糖質は太りやすく、脂質としてカラダの内側に蓄積しやすい栄養でもあるんです。

ここでは、雑穀麹の生酵素を摂取し、このダイエット効果をより高めるために、糖質の吸収を最小限に抑える食事の食べ方についてわかりやすくご紹介します。

糖の吸収を抑える食べ方にはこんなコツがあった!

糖の吸収を抑えるため、太りにくく痩せやすい体質に変えていくためには、無理に毎日の食事量を制限するのではなく、血糖値の上昇を防ぐための意識を高めていくことがコツなんです。

ここでは、ダイエットドクターや栄養学の教授も推奨している、糖の吸収を抑える食べ方の具体的な方法をお伝えします。

食物繊維を摂取しよう!

野菜やフルーツ、海藻やキノコ類などに多く含まれている食物繊維は、雑穀麹の生酵素にメインの原料、生きたままの酵素と同じように、糖の吸収を抑えるメリットがあります。

食物繊維は、消化や吸収をゆるやかにし、血糖値の急激な上昇を抑えたり、食事から摂取された糖質を、まるごとにコーティングして血液中に吸収させず、便と一緒にデトックスする作用があります。

さらに食物繊維は、腸へたっぷりの水分を与え、蓄える性質も持っているため、食べすぎを防止するための栄養成分としても知られています。

食物繊維は、糖の吸収を抑えることはもちろん、余分な脂質の吸収も抑え、分解してしまうメリットが備わっているため、雑穀麹の生酵素と一緒に摂取したいベストな栄養成分となっています。

一日2lの水分摂取を心がけよう

糖の吸収を抑える食べ方、コツの中では、食事中や何気ない時間であっても、水をこまめに摂取し、トータルで2lを心がけてみましょう。

水を飲むと、血中の糖の濃度が薄まっていき、血糖値が下がりやすくなります。血糖値を上げない、糖の吸収を抑えることが、痩せやすく太りにくい体質になるもっとも大切なポイントとなりますので、水を飲むという手軽でカンタンな方法でも、ダイエットに成功しやすくなります。

水を飲むことは、カラダ全体の細胞の新陳代謝を活性化してくれるので、のどが渇いていなくてもこめまに摂取することがおすすめです。

お酢やオリーブオイルを摂取しよう

お酢を水で割って飲んだり、食事を作る際にオリーブオイルを活用すると、糖の吸収を抑える上手な食べ方を手軽に実践できます。

お酢やオリーブオイルは、食後血糖値の上昇指標である、GI値の調査においても、糖の吸収を抑えたり、血糖値の上昇をゆるやかにするというデータが発表されています。

知ってた?糖の吸収を抑えるお茶がある!

無理な食事制限をしなくても、飲むだけで糖の吸収を抑えると話題のお茶も、今では豊富にラインナップされています。

ここでご紹介する名品、トクホの【ヘルシア緑茶】は、わたしたちが良く利用している、身近なマーケットやドラッグストアなどでも、150~200円程度で購入できるお茶として、たくさんの人に親しまれています。

糖の吸収を抑える作用が、消費者庁に届出をされているので、安全性や効能にも期待が持てる逸品。メインの成分となる茶カテキンが540㎎も含有され、糖の吸収を抑えることはもちろん、脂質を分解してエネルギーとして代謝したり、カラダやお肌のコンディションを高めてくれるメリットも期待できます。

毎日の食事には、お茶を飲む方が多いと思いますので、この機会に糖の吸収を抑える効能に特化された、ヘルシア緑茶を活用してみてはいかがでしょうか。

雑穀麹の生酵素のトップへ